So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<バラフ>南ア産の塩味野菜をロールケーキに 佐賀(毎日新聞)

 ◇常に新しい菓子づくり−−山本揚一郎さん(44)=佐賀

 塩味野菜のバラフを使ったロールケーキ「バラフと抹茶のコラボロール」を昨年商品化。バラフは南アフリカ原産のアイスプラントを佐賀大が野菜化したもので、シャキシャキした食感とほのかな塩味が特徴。同大のベンチャー企業、農研堂(神埼市)の呼び掛けで開発した。生地にバラフのピューレを練り込み、クリームに刻んだバラフを交ぜてシャキシャキ感を残した。「甘みと塩味のバランスが難しかった」。通常1日に作るロールケーキは30〜40本だが、フェア期間中はフェア用にバラフ入りを1日100本焼く。

 実家は和菓子屋。高校卒業後「お祝いの場面に使われることが多く、場面を華やかにする」と洋菓子の道を志し、福岡と東京で約10年間修業した。91年、父親から呼び戻され、翌年に洋菓子店「シェ・ヤマモト」を開業。「普通の菓子ではわざわざ買いには来てくれない。常によそにないものを作ろうと思ってます」【竹花周】

【関連ニュース
【関連写真】バラフを使った緑色のロールケーキ

<ウアルカイシ氏>不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
都内や神奈川で被害総額3600万? 窃盗容疑で中国籍の男ら逮捕(産経新聞)
小規模多機能で障害者の生活介護、全国展開で通知―厚労省(医療介護CBニュース)
「逆風」の強さ肌で感じ「参院の乱」…検証3(読売新聞)
参院選 民主目標議席、現有54基準に 細野幹事長代理(毎日新聞)

「受け入れがたい中身。党首がサインするわけにいかないと確認」社民・又市氏(産経新聞)

 社民党の又市征治副党首は28日午後、米軍普天間飛行場の移設問題に関する党所属国会議員の会合後、「政府方針の素案をみたが受け入れがたい中身だ。党首(福島瑞穂消費者・少子化担当相)がサインするわけにいかないと確認した」と語り、党として平野博文官房長官に、与党党首級による基本政策閣僚委員会で議論するよう求めたことを明らかにした。国会内で記者団に語った。

 また、阿部知子政審会長は「党首が閣僚を罷免された場合の党の対応についてシミュレーションし、どうするか決めた」と述べた。別の同党幹部は「福島さんが罷免されたら、連立に残る選択肢はない」と指摘した。

 社民党の党所属国会議員の会合では、幹部らが福島氏に対して、臨時閣議で政府方針に署名するよう説得したが、福島氏の署名拒否の意向は変わらなかった。

【関連記事】
「ほぼ現行案。実行極めて厳しい」 日米共同声明で沖縄知事
前原沖縄担当相「心から沖縄の方々にお詫び」
「環境への配慮を」辺野古移設で小沢環境相
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」
普天間移設先は「辺野古崎」周辺 1800メートル滑走路 日米が共同声明
虐待が子供に与える「傷」とは?

火災 名大工学部の実験室から出火、男子院生を搬送(毎日新聞)
<名古屋市議会>河村市長に対抗心、TVの広報番組を要求(毎日新聞)
赤切符誤処理「ボーナス減額」名ばかり…山梨(読売新聞)
部屋閉鎖の異例処分「知らなかったで済まない」(読売新聞)
加藤元名人の敗訴確定へ=控訴見送り―野良猫餌やり訴訟(時事通信)

えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)

 家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫の問題で宮崎県は24日、新たな感染疑い事例が発生していない同県えびの市を中心に家畜の安全性検査を始めた。異常がなければ家畜伝染病予防法にのっとり、6月4日に家畜の移動・搬出制限が解除される見込み。同県川南町などを中心とした別の制限区域は検査の対象外。
 同市で最初に感染疑い例が出た農家から半径3キロ圏内を中心に採血や目視で検査を実施する。同市では13日以降は感染疑い例が発生していない。 

【関連ニュース
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
ヤギにも感染の疑い=口蹄疫
拡大防止に理解を=口蹄疫ワクチンで鳩山首相
ワクチン、2日で半数接種=種牛49頭は救済困難

台湾の陶磁器作家 作品展(産経新聞)
譲れない線はどこなのか―特養・個室ユニットの行方(4)(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃(毎日新聞)
独法通則法改正案を可決=参院総務委(時事通信)
同時改定の焦点は「地域完結の24時間支援システム」―民主・山崎議員(医療介護CBニュース)

清水の舞台で“融合”「Eve(イヴ) 菱沼良樹+天野喜孝」(産経新聞)

 歴史的建造物を舞台に、斬新なファッションとアートが融合する展覧会「Eve(イヴ) 菱沼良樹+天野喜孝」(Eve展実行委員会主催)が15日から京都清水寺の経堂(きょうどう)で始まるのを前に14日、関係者に事前公開された。

 同展は服飾デザイナーの菱沼良樹さんと美術家の天野喜孝さんが共同制作した。天井に墨絵の竜がある重要文化財の経堂に10体のEveを配置。重厚な堂内に白いボディーが浮かび上がり、幻想的な空間が現れた。6月6日まで。

【関連記事】
クジラ育む南の島々 小笠原諸島・父島 
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ
愛媛県新居浜市・別子銅山 人気上昇「東洋のマチュピチュ」
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」

徳之島関係者と会談、平野長官12日に鹿児島へ(読売新聞)
「国民の理解深めるのは大事」=小沢氏の政倫審出席―鳩山首相(時事通信)
【from Editor】反骨の活力を伝えたい(産経新聞)
<関西記者クラブ賞>囲碁は井山名人に 将棋は久保王将(毎日新聞)
「本部係」検事会議を初開催=足利事件受け設置(時事通信)

【鳩山ぶら下がり】高速新料金「前原案をベースに議論を」(19日夕)(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日夕、政府が国会提出しているものの、民主党内から異論がある高速道路上限制度の関連法案について、「前原(誠司国土交通)大臣の考え方をベースに当然、議論をされるべきだと思っている」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【仙谷氏の同日選発言】

 −−仙谷由人国家戦略担当相が日曜日放送のテレビ番組で、首相の退陣と衆参同日選挙の可能性に言及した。平野博文官房長官は会見で、「閣僚が首相の専権事項に触れることはあり得ない」と批判しているが、一閣僚が首相の進退や解散に言及したことをどう思うか

 「ま、解散については、私はコメントすることはありません。仙谷大臣から電話、電話ありましてね、『これは自分の本意で話した話ではない。聞かれたから答えただけだ』ということでありました。私からコメントすることはありません」

 【普天間移設】

 −−今日、普天間基地の鹿児島県・徳之島へ移設案を白紙撤回するよう、民主党鹿児島県連の川内博史衆院議員らが申し入れに来た。徳之島案を白紙撤回するか。近日中に政府案として発表するか

 「ま、鹿児島県連から申し入れをいただきました。その申し入れに対しては、『申し入れでありますから、そのことを承った』と申し上げました。まだ、正式な案が決まっているわけではありません。したがって、白紙撤回も何も、まだそういう状況ではないんだよということで、申し上げました」

 −−首相は「腹案がある」と言うが、あと1カ月少々しかない中で、いつ腹案を発表して交渉を開始するのか

 「うん。それに関しては、今、鋭意、努力してます」

 【高速道路新料金】

 −−高速道路の新料金だが、民主党内から異論が出ている。どのようにリーダーシップを発揮して決着するか。明日の政府・民主首脳会議でこの問題を取り上げる方向だそうだが、そうならば、政策決定の政府の一元化に反するのではないか

 「とりあえず、取り上げるかどうか、私はうかがってません。したがって、まだ、この件に関しては、政府の中で、どのような判断をするかということでありますから、私は、前原(誠司国土交通)大臣の考え方をベースに当然、議論をされるべきだと思ってます」

 【普天間移設】

 −−徳之島の話だが、今日、那覇市長が来て、記者団に対し「日本全体で基地の痛みを理解する必要がある。沖縄ならいいでは問題は解決しない」と述べた。受け入れを拒む自治体に沖縄側の不満も募っているともとれる。首相は元来、「基地の負担は国民で分かち合うべき」と言ったが、沖縄とその他の自治体とのジレンマをどう打開するか

 「うん。具体的にというよりも、やはり、国民の皆さんに、ま、QT(党首討論)でも申し上げましたけれども、やはり、沖縄の皆さんが今日まで大変過重な負担の中で苦しまれてきた。それをやはり、国民の皆さん全員で分かち合おうではないか。そのお気持ちを、全国のなかで示していただきたいと。私は今でもそのように思ってます。それを、誠心誠意伝えて参りたいと思います」

 −−今朝の声かけで「徳之島の民意を勉強したい」と述べたが、「勉強する」の意味は? いまだに政府案が見えないなかで、徳之島の住民をはじめ不信が募っているが、不信が募ることより、腹案を表に出さずに交渉することが重要だと考えるか

 「私はやはり、徳之島の皆さんには、正式にまだ申し上げているような状況でない中で、このように不安ばかり募らせてしまったということに関しては、おわびを申し上げなきゃならんと思っています。そのなかで、まだ、政府案として決めている状況ではありません。それを、いずれ国民の皆さんに、お願いをしたい。そのようには考えておりまして、その段階に来たときには、誠心誠意尽くして参りたいと思ってます」

【関連記事】
鳩山首相ショック? 内閣&民主の支持率暴落で“退陣方程式”完成か
内閣支持率3割切る 新報道2001調査
前代未聞…与党委員長が高速新料金制に反対
川内氏「反乱」 高速道新料金制にノー
GWのJR予約数、天気と高速で東高西低?

<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)
<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
図書館司書、シックハウス労災求め初提訴(産経新聞)
<日本創新党>首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)
<神奈川県箱根町>満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)

<成田空港>トランク燃える 搭載貨物仕分けエリアで(毎日新聞)

 18日午後2時15分ごろ、千葉県成田市の成田国際空港第1ターミナルビルで、乗客が預けた荷物のトランクから火が出ているのを航空会社職員が見つけた。近くにあった消火器で消し止め、建物への延焼やけが人はなかった。

 空港会社(NAA)や成田市消防本部によると、トランクは縦約1メートル、横約50センチ、厚さ約20センチで灰色の布製。航空会社を通じ、持ち主を探している。県警成田空港署はエックス線検査で中身を確認し、出火の原因を調べる

 現場は第1ターミナルビル第1サテライト1階の搭載貨物仕分けエリア。駐機場に面しており、乗客のトランクや貨物を仕分けする作業場。ベルトコンベアで運ばれてきたトランクから突然、炎と白い煙が高さ2メートルほどまで吹き上がったという。貨物の整理をしていた職員がコンベアから引きずり下ろし、消火器で消し止めた。【山田泰正、斎川瞳】

【関連ニュース
火災:2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立
京急線:生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も
成田貨物機炎上:機首下げる操作 運輸安全委が報告書
火災:鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡
ライター火災:回収を検討 福島担当相

これが貧困ビズ「囲い屋」の手口、巧みに生活保護申請させ紹介料(産経新聞)
内閣支持率3割切る フジテレビ世論調査(産経新聞)
<行方不明>ネパール人就学生の22歳女性、昨年8月から 福岡県警捜査(毎日新聞)
<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)
<将棋>羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)

中華料理店から出火4棟焼失 堺(産経新聞)

 15日午後11時55分ごろ、堺市北区金岡町の中華料理店「珍●(=王へんに民)」から出火。木造2階建て店舗兼集合住宅4棟延べ約300平方メートルを焼いた。住民らは避難し、けが人はなかった。

 大阪府警北堺署などによると、建物は1階部分が店舗、2階部分が住宅。店主(72)が1階の調理場でラード油を温めていたところ、引火したと話しているという。

 現場は南海高野線白鷺駅から北東約350メートルの住宅街。

【関連記事】
恐怖…詐欺女と同居の男性「火災警報器外されていた」
「叶姉妹が理想」男性4人怪死、結婚詐欺女の“素顔”
ごく普通の…パチンコ店放火容疑者の素顔
消防署隣のそば店、鎮火したハズがまた出火ナゼ?
【News解説】相次ぐ「子供の火遊び」対応急げ
外国人地方参政権問題に一石

小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)
防衛省、中国艦艇通過で警戒・監視を継続(産経新聞)
手数料隠しで実刑判決(産経新聞)
雑記帳 都心から最も近い「潮干狩り」始まる(毎日新聞)
朝鮮学校教科書の日本語版を出版 目立つ個人崇拝 無償化論議に一石(産経新聞)

岡部まりが「探偵ナイトスクープ」収録ドタキャン(産経新聞)

 人気番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送系)に「秘書」役でレギュラー出演するタレントの岡部まりさん(50)が、収録の直前に出演を辞退したことが9日、分かった。岡部さんをめぐっては今夏の参院選への出馬が取りざたされている。

 朝日放送によると、9日午後2時ごろ、岡部さん本人から、番組を担当する栗田正和プロデューサーに「(参院選出馬をめぐって)一部の報道でお騒がせしており、番組収録や共演者にご迷惑がかかるため、今日の収録は辞退したい」と連絡があったという。

 代役として急遽(きゆうきょ)、お笑いタレントの田村裕さん(30)が出演。9日に収録した内容は今月30日と5月7日に放送される。

【関連記事】
「体調不良」の真相は…前田日明氏、緊急会見を“ドタキャン”
本当の笑顔はいつ…眞鍋かをりにみる芸能界の「光と影」
清原、体調大丈夫?「すぽると」収録をドタキャン
眞鍋、イベントドタキャン…トラブル原因?
ZAK記者も“被害” 都心で名刺交換おねだりギャルの正体
「中国内陸部の資源事情とは…?」

白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑−警視庁(時事通信)
B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく(産経新聞)
「たちあがれ日本」 再編の核、要は参院選 「保守」「若手」…結束カギ(産経新聞)
衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信)

雑記帳 忍者衣装で辞令…「忍者の里」の伊賀市長(毎日新聞)

 「伊賀流忍者の里」で知られる三重県伊賀市で1日、新職員26人への辞令交付式があり、内保博仁市長ら幹部が黒の忍者衣装で出席。スーツ姿の新職員に辞令を手渡した。

 同市でこの日開幕した「伊賀上野NINJAフェスタ」のPRの一つ。5月5日までの期間中、忍者気分を満喫できるアトラクションなどが市内の上野公園を中心に繰り広げられる。

 新職員を前に内保市長は「市民に対する情けが大事」と激励。忍者に情けは無用だが、財政難の折、新職員は「市民のための(耐え)忍び」をスタートさせた。【関谷徳】

【関連ニュース
フィギュアスケート:村主章枝がサニーサイドアップ入社
新入社員:目指す役職は?…「興味なし」が男性で初の首位
セブン&アイ:挑戦の年に…一足早い入社式
トヨタ:1250人が入社 昨年からほぼ半減
日本航空:「再生への最後のチャンス」 入社式で稲盛会長

密約文書欠落で調査委設置=廃棄の有無解明へ−岡田外相(時事通信)
ありがたみアップ?給与明細に「お褒めの声」(読売新聞)
「弁護士バー」、12日にオープン=東京・渋谷に「身近な存在」(時事通信)
10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
高速道路上限割引 来週にも正式発表(レスポンス)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。